。

2019.02.22

  • 静岡県

静岡のバーでスコッチやウイスキーを楽しむ。「BAR Abbey Road(バー アビーロード)」

ドライフルーツ

オールドボトルも揃うスコッチの世界!静岡の「BAR Abbey Road」で過ごす夜

2012年開業、静岡のバー「BAR Abbey Road」は、スタンダードなものから年代物まで幅広く、スコッチを中心としたウィスキーが楽しめるお店です。JR東海道本線・静岡駅北口から徒歩約6分、雑居ビル5階の扉を開ければ、感じのいいジャズが流れ、男女問わず、夜更けまでくつろぐ大人たちの姿があります。

ほの暗い照明の下、壁一面に並べられたスコッチ瓶のコレクション。一目見ただけで、「これぞ」という1本に出会える期待と予感が膨らんでいきます。未知の世界へと誘うのは、もちろん、立ち振る舞いもシャープなマスター。初心者には、始めやすいものを選んでくれます。「軽い」「重い」「甘め」「スモーキーさ」など、各特徴の好みを伝えると、その通りの一杯が目の前に。

おすすめの2本から、マスターの人柄、個性を知るのも面白いでしょう。お酒は、選ぶ人の人格まで伝えてくれます。まずは、グレンファ―クラスパッションから。スコットランド・ハイランド地方産で、シェリー樽の香りをまとった芳醇なシングルモルト。上品な甘さ漂う中にも、ビートのスモーキーさが際立ちます。濃厚フルボディ―見かけによらず情熱家の一面あり。そして2本目は、スプリングバンク10年。海辺の街で醸され、洋ナシやバニラのような香りが強く、「モルトの香水」とも冠される名酒です。コクもあり、産地の環境からピリッとした塩気がアクセント。女性にも人気―厳しさもありながら、やさしい性格の持ち主。ちなみに、お酒の飲めない方には、ノンアルコールのカクテルも作ってくれます。

店名は言わずと知れたビートルズの名盤から。4人入れる個室席には、英国旗入りのクッションやテーブルクロス。棚にさりげなく置かれたロンドン名物2階建てバスのミニカーが、マスターの遊び心や茶目っ気を感じさせます。どうりでカウンターでの語らいも盛り上がるはずです。
 
夜も深くなっていけば、渾身の一杯をどうぞ。多数揃えた70、80年代のオールドモルトの中から。その洗練された奥深さは、歴史に培われたもの、古きを知って新しきを知るマスターの聡明さを物語るかのよう。歳月の滴たたえたグラスを傾けるとき、今ここにいることを心底実感できることでしょう。

店名 BAR Abbey Road(バー アビーロード)

ご予約・お問い合わせ 054-221-5118
住所 〒420-0033 静岡県静岡市葵区昭和町4-8 5F
アクセス JR東海道本線「静岡駅」北口から徒歩約6分
営業時間 18:00~翌2:00(L.O.翌1:30)
定休日 不定休

ページTOPへ