。

2018.06.20

  • 東京都

阿佐ヶ谷にある素敵なフレンチレストラン。食事会なら「La Maison Courtine(クルティーヌ)」で!

key_menu
阿佐ヶ谷にある美味しいフレンチレストラン「La Maison Courtine(クルティーヌ)」

特に女性が喜びそう。
仲間とのちょっとした食事会、ママ会、女子会に、「ぜひ、ここを!」というおすすめのお店があります。
そう、阿佐ヶ谷のフレンチレストラン「La Maison Courtine(クルティーヌ)」です。
美味しい料理をおしゃれなムードを楽しみながら、それでいて気疲れしない、そしてお財布にやさしい……。
そんなわがままを思いっきり叶えてくれる憩いの場。
オーナーである善塔シェフは国内外の名店で修業された実力者。
フランスでは7年間腕を磨いたといいます。その結果、本場仕込みの唸るほどの逸品をサーブ。
フレンチならではの絵画のような盛りつけ、その芸術性にもセンスが光ります。
聞けば外国人からの評価も高いとのこと。レベルの高さがうかがえます。

素材選びから調理まで一つひとつの工程においてプロの矜持が感じられるなか、
「これぞ世界基準!」と感動したのは、コースの充実度。
ランチ(2,600円~税込)、ディナー(5,700円~税込)、ともに多彩なラインナップです。
コース+アラカルトといったオーダーもアリ!楽しみ方も実に豊富です。
注目は、ジビエ料理。筆者イチオシでもある「ジビエのパテ・オン・クルート コンソメとトリュフのエスプーマ(+900円 2名様~)」は、舌を噛みそうなメニューではありますが(笑)、ぜひとも頼んで欲しいと思います。この滋味、なかなかほかでは知り得ないほどに貴重です。あらゆる感慨を抱くことになるはず。
綺麗に短時間で血抜きができたかどうかでジビエ肉の香りが決定するため、誠実な仕事が重要だといいます。まさしくそれを体現。
つまりは生産者や作り手の想いが詰まった特別な一品なのです。

阿佐ヶ谷という街で決して浮くことなくカジュアルに佇むフレンチレストラン「La Maison Courtine(クルティーヌ)」。
だからこそ、初めて体験した時「みつけた!」という気持ちになりました。
さあ、貴女もどうぞとっておきの時間をここでお過ごしください。

ページTOPへ