。

2019.04.24

  • 兵庫県

豊岡の和食割烹「酒彩 奏」。接待や記念日から観光の際のお食事まで

お茶漬け

「はしり」を味わう?和食の真髄を味わう豊岡・割烹「酒彩奏」

和食の「はしり」を知っていますか?和食では、食材に「はしり」「旬(さかり)」「なごり」という3つの時期があります。これは、食材の味が一番豊かになる「旬」を中心として、食材が市場に出始める時のものを「はしり」、反対に時期が終わり食材が市場から消えるころのものを「なごり」と言います。一般的に食材は旬のものが一番多く用いられます。しかし、「はしり」にも「なごり」も、それぞれ和食では重要な役割があります。特に「はしり」を食すということは、その時期を告げる食材を体に取り込むという意味で、体の季節感を調節するためにとても大切なものであると言えるでしょう。

JR山陰本線・京都丹後鉄道宮豊線「豊岡駅」より徒歩5分の場所に店を構える割烹「酒彩 奏」では、こうした日本料理特有の季節感あふれる食材の食べ方を提供してくれる本格的な店です。「はしり」の食材は旬のものとは味や形、大きさなどが変わるので、普段とは異なった調理方法が必要になる場合もあります。

こうした細やかな違いを使い分けることで、「酒彩 奏」では他では簡単に味わえないような特別な味に出会うことができるのです。奏コース(6,300円)では、同店で提供される季節をふんだんに盛り込んだ料理を、前菜からデザートまでコース形式でバランスよく楽しむことができます。
また、同店の他の魅力として種類豊富な日本酒があります。日本酒と和食は、言うまでもなく好相性。料理のタイミングや味、食材に合わせて相性の良い日本酒の組み合わせが変わってくるので、様々な種類の酒が用意されているというのは嬉しいものです。種類が多すぎてどれを頼んだらいいか分からないという方はお店の方にお任せでお願いしてしまいましょう。次の料理との相性を熟知しているお店の方に任せておけば安心です。

席はカウンター席の他に半個室、個室と、様々なシーンに対応することが可能です。希望の席を確保するためにも、なるべく事前に予約してから店に向かうようにしましょう。

店名 酒彩 奏

住所 〒668-0033 兵庫県豊岡市中央町12-13谷垣ビル1階
TEL 0796-21-7410
アクセス JR山陰本線・京都丹後鉄道宮豊線「豊岡駅」より徒歩5分
営業時間 17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 月曜日

ページTOPへ