。

2019.04.18

  • 大阪府

蕎麦居酒屋とはいえ蕎麦だけじゃない!ローストビーフなどの肉料理も人気の難波の店「花粉(はなご)」

蕎麦

日々新たな気持ちで蕎麦と向き合う難波の「花粉」

提供される料理の数々から、つくり手である職人さんの想いが伝わってくる―そんなお店が大阪の難波にあります。昼は蕎麦専門店、夜は多彩な一品料理が並ぶ居酒屋、二つの顔を持つ「花粉」は、南海本線、高野線・難波駅、大阪メトロ・大国町駅から徒歩7分。大相撲三月場所の行われる大阪府立体育館にもほど近いところにあります。

花粉とは、蕎麦の実を挽いた際に最初の出る純白の粉のこと。これにちなんでつけられた店名には、「お客さんたちにとっていちばんの蕎麦屋でありたい」という店主の志が込められています。蕎麦もうどんも店内での手打ちで、きびきびとした所作、腕と腰を含めた連動するリズムが重なり、響いてくる音に期待も高まってきます。できたてを出してくれるので、鮮烈な香り、快感にも似た喉ごしを存分に味わうことができます。

「京丹波黒豆ざる蕎麦」は、素材の良さ、職人の技術を最も体験できる一品です。丁寧に引いた京丹波産の黒豆を福井産の蕎麦粗挽き粉に練り込んだ二八蕎麦で、ふわっと広がる風味が爽快に鼻を抜け、独特のコシが、心地好く喉を通っていきます。より際立つ芳香を楽しみたいなら、栃木県産の石臼挽き蕎麦粉を使用した一日10食限定の「十割蕎麦」が良いでしょう。この他にも、日替わりの味つけごはんや小鉢もついたお得なランチセットもあり、昼食時には近隣の働く人たちでにぎわっています。

ゆっくり過ごしたいときは、夕方からの営業がおすすめです。「獺祭」や「銀嶺立山」、「八海山」や「通 満寿泉」などの全国の銘酒と合わせる肴がこれまた楽しい。丹波から直送される「湯がきたて黒枝豆」や「本マグロのカルパッチョサラダわさびドレ仕立て」、「丹波鶏のかえし醤油焼き」などの単品料理にも定評があります。中でも特製ダレで仕上げた「A5和牛ローストビーフ丼」は、常連さんの誰もが注文するという名物で、料理人の仕事の誠実さ、繊細さをも感じさせてくれます。

難波にある「花粉」は、今でも開業当初の志を忘れず、蕎麦打ちに取り組む店主と出会えるお店です。

店名 花粉(はなご)

ご予約・お問い合わせ 06-6567-9693
住所 〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3-16-7
アクセス
南海電鉄本線・高野線「難波駅」より徒歩7分
大阪メトロ「大国町駅」より徒歩7分
営業時間
[昼]11:00~15:30(L.O.15:00)
[夜]17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜

ページTOPへ