。

2019.02.22

  • 東京都

自由が丘・尾山台近くの「田園安齋」。美味しい和食と日本酒を堪能

サラダ

職人の人柄は料理を決める出汁だ!自由が丘「田園安齋」で納得!

料理だけでなく、店主に会いたくて足繁く通う―そんな楽しみ方もありますよね。一皿一皿に映し込まれる作り手の人格。すべて食べ終える頃には、立派な人に出会った、と感服してしまう。そんなお店が、自由が丘の和食「田園安齋」です。京急大井田線・尾山台駅から徒歩2分。淡くほのかに灯る行灯が迎えてくれます。

カウンター、テーブル席、掘りごたつの個室席。どれを取っても、長居したくなるような落ち着いた佇まい。ぬくもりを頼りに席につけば、魅惑の時間が始まります。坊主頭に太い眉、眼鏡の奥の眼差しは真剣そのもの。店主の頑丈で、大きな手が淀みなく動くたびに、新たな命をまとった旬の食材たちが、目の前に。コワモテの風貌とは正反対の、繊細で、どこか郷愁をも誘う味わいに、ギャップを超えて感動が迫ってきます。築地の名店から取り寄せた鰹節、鮪節などを使った出汁を土台にした、丁寧な仕事の成果でしょう。空豆のかきあげなどのシンプルなものはもちろん、創意工夫の果てに生まれたメニューまで豊富。例えば、穴子黄金揚げもその一つ。生クリームとマヨネーズを合わせたすり身を、大きな穴子にまとわせ揚げたもので、サクッと衣に柔らかい食感。訪れたら必ず注文するほどの名物です。また、おまかせコースもあり、予算や好みに応じた献立でおもてなしをしてくれます。

誠実さあふれる品々には、秋田の地酒・高清水を。品書きにあるのはこの銘柄のみ。その惚れ込みようは半端ではなく、我が料理との相性は最高、と自信を持っておすすめするほど。口当たりすっきりした辛口の日本酒は、旨味を醍醐味へと引き上げ、自身は目立たず裏方に徹する。その姿は、包丁一本で生き抜く板前の生き写し。鰹出汁の効いた茄子の揚げ煮などにもよく合います。

笑えば愛嬌もある店主の手を経て、差し出される〆の塩むすび。作り手の人間性と目の前の一品が等しく一致する体験。実直かつ人柄の良さがそのまま、ごろりと。おいしいものを食べて、満足して帰ってもらいたい―開店以来変わらぬ想い。その通り、自由が丘の「田園安齋」は、訪れた人たちが幸せになって帰っていくお店です。

店名 田園安齋

ご予約・お問い合わせ 03-3702-3774
住所 〒158-0086 東京都世田谷区尾山台3-24-11 第十大浦ビル105
アクセス 東急大井町線「尾山台駅」 徒歩2分
営業時間 [夜]18:00~22:30(L.O.21:30)
定休日 月曜日

ページTOPへ