。

2019.03.21

  • 群馬県

美味しい和食と日本酒で極上のひとときを。群馬・太田の和食「マボロシ」

食事

四季を紡ぐ味は昴のごとき存在感!群馬・太田の和食「マボロシ」

自動車メーカーのお膝元、スバル町もある群馬県太田市。そこに、夜空に輝く昴に負けじと存在感を放つのが和食「マボロシ」です。東武鉄道各線・太田駅より車で9分。界隈にはビジネスホテルも多数並び、出張ビジネスマンたちも多い土地柄。そんな方々にも、一人飲み、接待など、いろんなシーンで愛されているお店です。

ちょうどいい照明と淡いベージュに包まれた店内は、いつでもくつろいでいられる安心感。4つあるお座敷席は落ち着いた空間で、粋な器の並ぶ6席のカウンターからは、店主の所作を通じて、一品に賭ける真摯さが伝わってきます。黙って鑑賞するのもよし、何でもない質問を投げかけるのもよし。笑顔で気さくに答えてくれるのは、そんなやりとりの一つ一つが、料理をより味わい深いものに変えてくれることを、ちゃんと心得ているから。

食材の組み合わせ、盛り付けの彩り、旬をテーマに、店主の試行錯誤は日々、続いています。コース料理しかないのは、うつろいゆく季節を心に刻んでほしい、という真意から。初めての方には前菜、旬のお刺身、焼き物、揚げ物がついた2,500円のお試しコースがおすすめです。入門編と言えども、味は本格、ここから長い付き合いが始まる方も多いです。例えば、4月のある日の献立てでは、豆乳豆腐の銀あんかけ、ばい貝のうま煮、ほたるイカに芽キャベツを添えた物、など異なる食感がそろい、はじめの一品から日本酒が恋しくなるほど。数ある銘酒の中から選び、料理との相性を探るのもまた楽しい。刺身には「ゆきの美人」(秋田)を。旨味の濃い天然魚の魅力が、米の持つコクで何倍にも。出汁の風味やんわりとまとわせた焼き魚に「久礼」(高知)を合わせると、南国の風が一瞬吹き抜けた後、さっと引き締めてくれる辛口な後味がいい。金目鯛のかぶと煮付けには、食中酒として欠かせない「写楽」(福島)を。他にも、「鶴齢」(新潟)、「奥能登の白菊」(石川)、「鍋島」(佐賀)、「丹誠」(大分)など、品ぞろえは日ごとに変わるので、目が離せません。

心地好い世界へと誘ってくれる「マボロシ」は、夜ごとに浮かぶ一等星のように輝き続きるお店です。
 
 

店名 和食割烹と日本酒 マボロシ

ご予約・お問い合わせ 0276-30-0095
住所 〒373-0817 群馬県太田市飯塚町1417-4 トータスビル2F
アクセス 東武鉄道各線「太田駅」より車で9分
営業時間 18:00〜24:00(最終入店23:00)
定休日 月曜日

ページTOPへ