。

2019.05.24

  • 福岡県

福岡市高砂で美味しい沖縄料理を食べるならここ!「おきなわ宮古島食堂 彩家」

ステーキ

福岡市・高砂の「おきなわ宮古島食堂 彩家」は小さな宮古島

沖縄・宮古島への想いが溢れる沖縄料理のお店。それが福岡市は高砂の「おきなわ宮古島食堂 彩家」です。場所は西鉄大牟田線「薬院」駅から徒歩10分。沖縄出身者や、沖縄が好きな人たちが集まる場所で、沖縄に思いを馳せながら、美味しい食事を楽しみませんか。

オーナーの下地彩也さんは宮古島出身。宮古島の自然に囲まれて青春時代を過ごしました。お店を開いたのは「宮古島をはじめ沖縄の魅力を伝えたい」との思いがあったからだと話します。そんな同店が大事にするのは「当店が沖縄好きなお客様のコミュニケーションの場である」こと。美味しい料理やお酒を楽しみながら、思わず会話も溢れる、そんな憩いの場所は、アットホームで居心地の良い空間を作り出しています。

席数はカウンターと座敷を合わせて全22席。すべての席が畳を張った掘りごたつ式。腰を下ろして両足を伸ばせば、お店に来たというよりも「おばあの家」へ遊びに来たような気持ちにさせられます。
もちろん、宮古島で生まれ育ったオーナーだから用意できる沖縄料理は本場の味。沖縄や宮古島から直送される食材を、やはり沖縄にこだわった調味料で仕上げます。飲み物も沖縄のビールとしておなじみのオリオンビールはもちろん、常時40種類以上用意されている泡盛、沖縄ドリンクの数々など沖縄を感じるには十分すぎるものばかりです。そんなお店は、まさに「小さな宮古島」と呼ぶにふさわしい場所です。

そうしたオーナーの思いもあって、連日、沖縄出身者や沖縄を愛する人たちがお店に足を運びます。そして沖縄や宮古島を愛する者同士の交流も同店の魅力のひとつ。店のあちこちで、沖縄旅行についての情報交換などが行われ、みんな笑顔で握床な時間を過ごします。これから沖縄へ行ってみたいという方には、ぜひ、足を運んでほしいお店。オーナーをはじめ、沖縄出身者や情報通から、とっておきの沖縄情報が手に入るかもしれません。

沖縄、そして宮古島への愛が溢れる「おきなわ宮古島食堂 彩家」。あなたも沖縄コミュニケーションの一員になってみませんか。

店名 おきなわ宮古島食堂 彩家

住所 〒810-0011 福岡県福岡市中央区高砂2-23-2 リーベ高砂103
TEL 092-287-4937
アクセス 福岡市営七隈線、西鉄天神大牟田線「薬院駅」より徒歩10分
営業時間 17:00~24:00(フードL.O.23:00 ドリンクL.O.24:00)
定休日 日曜日、祝日

ページTOPへ