。

2019.07.31

  • 大阪府

大阪・泉佐野のフレンチ「BISTRO PATRIE(ビストロ パトリ)」。シェフの技が光る極上の味を堪能する

ローストビーフとワイン

シェフの技が光る!BISTRO PATRIEはここが凄い

大阪府の泉佐野で、店主1人が切り盛りをおこない、時間を忘れてくつろぐことができると評判のある『BISTRO PATRIE(ビストロパトリ)』。

フランスから仕入れた素材を存分に使い、絶品の数々が振る舞われている人気料理店です。

アクセス性にも優れており、南海本線・空港線をご利用の方なら、泉佐野駅からわずか徒歩2分で向かうことができる駅近店舗です。

店内は、フレンチ特有の敷居が高いイメージを払拭しており、木目調のインテリアがずらりと立ち並び、カウンター席とテーブル席のどちらでもゆっくりとお過ごしできます。

来店したとき、初めにメインとなるお肉料理を選定し、提供される前に逸品の数々を楽しむことが、パトリ推奨の楽しみ方。

おすすめしたいメニューの1つに、”シャルキュトリー5種盛り合わせ”があります。
シャルキュトリーとは、ソーセージ・ハムなどの加工肉を意味しており、熟成をパトリ店内でおこなうなど自家製で振る舞います。

ちなみに、2人用となっていてお友達とのシェアはもちろん、カップルにも定評のある品です。

そして、鴨の骨のソースで味わう”フランス産マグレ鴨胸肉のロースト”はパトリ常連客から何度もリピートを受けているメインのお肉料理です。

マグレ鴨の胸肉をローストして旨味を与え、付け合わせの野菜にまでその味を行き届かせている絶品。

お口の中を多幸感で満たす、パトリのフレンチを堪能していると、やはり共にしたいのはワインでしょう。

パトリでは、フランス製ワインの”シャンパーニュ・ボルドー・ブルゴーニュ”などで見られる人気銘柄をラインナップさせています。

2軒目で飲みに訪れた方でも、具だくさんのキッシュなど、気軽に味わえるアラカルトもあります。

季節の素材をぎゅっと詰め込み、パイ生地から手作りをおこなうワインと愛称の良い一品です。
内容は仕入れによって変化するため、来店の度に違うテイストを楽しめることでしょう。

フレンチを日本人の味覚に合うよう、グルメの追求がやまないシェフがもてなすBISTRO PATRIE(パトリ)の絶品を、ぜひ一度ご賞味ください!

店名 BISTRO PATRIE(ビストロ パトリ)

住所 〒598-0054 大阪府泉佐野市栄町4-18
TEL 072-458-8185
アクセス 南海本線・空港線「泉佐野駅」より徒歩2分
営業時間 11:30~22:00(L.O.)
定休日 日曜日

ページTOPへ