。

2019.11.06

  • 愛知県

名古屋市千種区・名東区のうなぎ「うなぎの宮田(みやた)」。人気のひつまぶしは必食

山かけ丼

千種区・名東区の「うなぎの宮田」は100年を超えて守りつがれる味。

千種区・名東区に、多くの人に愛された味を守り続ける店があります。名古屋市営地下鉄東山線「星ヶ丘駅」前「星ヶ丘三越」8Fにある「うなぎの宮田」。いまも変わらぬ味を求めて多くの人たちが足を運びます。

ルーツは大正元年創業のうなぎ料理の名店「宮田楼」。そこで「うなぎの宮田」の店主が修業を積んだことから始まります。その後、独立して星ヶ丘に身を構えることになりますが、その味と技法は「宮田楼」を受け継いだもの。「うなぎの宮田」として45年。「宮田楼」から数えると実に100年以上もの間、その味を守り続けています。残念ながら「宮田楼」は閉店してしまいましたが、その美味しさを守り、より多くの人たちに提供することが「うなぎの宮田」ができることだと店主は話します。

提供するうなぎは三河一色産のうなぎ。程よい脂ののりと皮も柔らかい肉質が特長で、その中でも大ぶりのものを厳選して使用します。それを、皮をぱりっと、身をふんわりと焼き上げます。歴史を受け継いだ技法で焼き上げたうなぎの美味しさは、他店で真似ができるものではありません。

うなぎ料理店にとって命とも言われるタレも、もちろん「宮田楼」の味を受け継いだものです。地元のみりんとオリジナルブレンドの醤油を合わせて、じっくりと煮込んだもの。程よい甘さとさっぱりとした味わいが特長で、三河一色産のうなぎの味を最大限にまで引き出します。そしてお米にもこだわります。うなぎに合うお米として辿り着いたのが、粘り気があり、旨みか強い富山産のコシヒカリ。ふっくらと炊きあげられたご飯を、鰻とタレと一緒に味わえば、思わず笑顔がこぼれます。

そんな「うなぎの宮田」の一番の人気は、いくつもの味が一緒に味わえる「ひつまぶし」。もちろん「うな重」「うな丼」「うなとろ丼」なども多くの人たちに愛される逸品。そして伝統の味を守り続けるだけではなく、うなぎを使った「うなバーガー」を14時から16時限定で販売するなど、新しい味にも挑戦しています。

100年を超える味を守り続ける「うなぎの宮田」。ぜひ、足を運んでください。

店名 うなぎの宮田(みやた)

所在地 〒464-0802 愛知県名古屋市千種区星が丘元町14-14星ヶ丘三越8F
営業時間 10:00~19:00(L.O.18:30)
電話番号 052-782-6152
アクセス 名古屋市営地下鉄東山線「星ヶ丘駅」前「星ヶ丘三越」8F
定休日 不定休(三越に準ずる)

ページTOPへ