。

2018.05.22

  • 大分県

別府の洋食レストラン「グリルみつば」で、とんかつ、ステーキ…ワインと合わせて至福の時を!

sec1_img1
別府で美味しいとんかつなら、洋食レストラン「グリルみつば」へ

別府駅東口から歩いて10分のところにある「グリルみつば」はずっと変わらぬ味で広い世代から愛され続けている老舗の洋食レストランです。
昭和28年、すなわち創業当時、洋食を広めたいという想いから“大衆洋食”をテーマにしたといいます。
そして今。
路地裏から始まった洋食屋さんは当時の製法や味を守りながら、優しい味を作り続けています。

人気メニューは、とんかつ。
ブランド豚を手作りのパン粉でまぶし、ラード100%でカラッと揚げています。口に入れるとサクッジュワッと一口目から香ばしい食感。パン粉は友永パンから仕入れた食パンを乾燥させ、粉砕機で粗めにしているとのこと。油も一般的な油でないところがポイント。さらには自家製のデミグラスソースをかけていただくのが「グリルみつば」のスタイルです。
上質な脂の乗った豊後牛のすじ肉とセロリ、にんじん、玉ねぎなどの香味野菜をじっくり煮込んで作られる自家製デミソースは、実にまろやか。
ハンバーグやステーキに合わせても美味しいですよ。
そのステーキですが、お肉本来の風味が秀逸。シンプルに塩と胡椒だけで味付け、鉄板の温度管理や火の通り具合を徹底して見極めた末、出来上がる紛うことなき逸品。
シェフの手腕が光ります。
ディナーには、ポタージュやサラダ、パンまたはライス、デザート、コーヒーがついた鉄板焼きコースでどうでしょう。
ワインと合わせて、シアワセな時間を満喫してください。

また、中華料理も支持を得ています。
辛味酸味を抑えお店で作った鶏ガラスープをベースに使い、洋食の趣を取り入れたオリジナルメニューを提供。
旨味の強いブランド豚と厳選された野菜が入った酢豚、プリプリの大きなエビをチリソースで絡めたエビチリなども好評です。

そんなこんなで、メニューは非常に充実しています。
満足必至のレストラン!別府に行ったらぜひ立ち寄りたい洋食の名店です。

ページTOPへ