。

2019.01.28

  • 京都府

出雲の和食「京彩厨房 なが田」で接待を。こだわりの食材を堪能するなら

茶碗蒸し

こだわりの食材と卓越の技術から生まれる絶品和食を。出雲「京彩厨房 なが田」

 四季折々の食材を使い、素材の味を生かした一品に仕上げる和食は、繊細な味付けや細やかな包丁さばきに作り手の技量が問われるジャンルのひとつです。今回紹介するJR出雲駅から徒歩15分の「京彩厨房 なが田」は、京都で14年間、修行を積んだ店主が営む和食店。その本格和食で、多くの人を魅了しています。
 店主が腕を振るう料理は、京料理がベースの創作和食。日本海でとれた鮮魚や島根和牛といった出雲ならではの食材と、京野菜や生麩といった京都らしい食材を組み合わせ、四季を感じさせる和食を生み出します。特にこだわっているのが、和食の要である出汁。日々の天候に合わせ、鰹節や昆布の状態を確認しながら、最適の状態でていねいに出汁を引いています。また、奥出雲で昔ながらの製法で作っているしょう油を使用。出雲ならではの味わいを提供したいという、店主の思いが表れています。
 その真価が発揮されるのは、やはり夜のコース料理でしょう。3種類のコースがあり、3,000円コースならば料理8品、3,500円で9品、4,000円で10品で、ほかにご飯物と水物が付いてきます。四季の移ろいを感じさせる本格的な京会席は、家族や知人との会食のほか、接待や慶事などの大切なもてなしに使うにもピッタリです。また、食べたい食材があれば、相談に応じてくれるとか。食いしん坊のわがままにも応えてくれるお店です。
 気軽に楽しむなら、ランチタイムがねらい目です。お昼は、ミニ会席風のお弁当(1,000円~)が3コース。2段の重箱においしい料理が少しずつ盛り込まれ、目にもあでやかなお弁当で、値段によってお造りやちらしずしなどが付いてきます。いろいろな料理をちょっとずつ味わえるので、女性に大人気。ランチ女子会にもピッタリのコースです。人気のランチを食べようと多くの人が訪れるので、事前に予約をしてから出かけましょう。
 出雲ならではの本格和食を味わうならば、「京彩厨房 なが田」で間違いありません。

店名 京彩厨房 なが田

TEL:0853-21-2272
住所 〒693-0011 島根県出雲市大津町2096-20
アクセス
JR山陰本線「出雲市」駅より徒歩約15分
山陰自動車道「出雲IC」より車で約18分
山陰自動車道「斐川IC」より車で約15分
「出雲大社」より車で約24分
営業時間
11:30~14:00(L.O.13:30)
17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日
第1・3・5日曜日
(法事等の予約の場合は営業いたします。)

ページTOPへ