。

2016.12.20

  • 大阪府

但馬牛を贅沢に味わい尽くそう!絶品フレンチ「The French Blue」

fireshot-capture-68-%e5%a4%a9%e6%ba%80%e6%a9%8b%e3%81%ae%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%81%e3%80%8cthe-french-blue%e3%80%8d%e3%81%a7%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%92-http___
The French Blue

大阪市中央区島町、京阪線「天満橋駅」から5分ほど歩くと、
北大江公園近くにそっと見えてくるのが今回ご紹介するフランスレストラン
「The French Blue~ザ フレンチブルー~」です。
ガラス張りの大きな窓からは、ホワイトを基調としたオシャレな店内がのぞき、
まるでそこだけ外国のよう。
一歩お店に入ると、あたたかな色の照明がテーブルを包み一気にリラックスムードにしてくれます。
いつもより会話が弾む雰囲気の中、大切な人とのデートや友人との素敵なひとときを過ごすのにおすすめです。

こちらで振る舞われるのは、シェフの地元・但馬の素材をふんだんに使用した料理の数々。
なかでもぜひ食べていただきたいのが、コース料理で提供される和牛、但馬牛。
平地が少なく険しい土地の厳しい環境で育った但馬牛は、天然で良質な「サシ(霜降)」が特徴。
そんな但馬牛をメインとしたコース料理は、見ているだけでも楽しい色鮮やかな料理が揃い、
次はどんな料理が出てくるんだろう?と一皿毎に胸の高鳴りを感じさせてくれます。

コース料理の初めは絵を描いたかのように盛り付けられた前菜。
続けて出てくるのは、軽く火を入れた但馬玄(まぐろ)のタルタル雲丹添え、
真っ白なお皿の縁には色とりどりの薬味が並べられお好みの味付けで食します。
濃厚な料理の次は、野菜の甘みと海老のサクサクが楽しい食感のサラダ仕立て料理。
お口直しのグラニテを挟み、お魚料理とメインの但馬牛料理へひとつの文脈が形成。
そしてコースも終盤、程よい塩気と豆の甘みが相性抜群の蛍烏賊とうすい豆のリゾット、季節を感じる旬のスイーツで締めくくられます。

そして、料理に合うワインを選ぶのもフランス料理の楽しみのひとつ。
こちらのお店ではフランス産と日本産のオーガニックワインをメインに豊富なラインナップが揃っています。
ワインの好みや美味しさは、その日の気分によって変わるもの。
時にはワインに合わせて料理を選ぶ、というのも素敵な楽しみ方ですよね。
デートでも会食でもぴったりな優雅な食事をぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。
天満橋を訪れた際はぜひ「The French Blue~ザ フレンチブルー~」に足を運んでみてください。

ページTOPへ