。

2018.09.07

  • 山形県

なんてうまい串焼きなんだ! 山形の居酒屋「創食厨房なかなか」

point_cat_image_03
串焼きを求めて山形へ!居酒屋「創食厨房なかなか」

「美味しい串焼きを気軽に楽しんでもらいたい」。
いかにもそんな想いが伝わる居酒屋が山形市七日町にあります。店の名前は「創食厨房なかなか」。連日、件の名物を求めて、多くのお客さんが足を運びます。人気の背景にある徹底的なこだわりがあるとのこと。聞いて納得。なるほど確かにそこにはプロの矜持がみられます。

まずは、串焼き。
串打ちの際に大事なのは、「一口目が旨いと感じるかどうか」ということ。大きさや脂の乗り具合を確かめながら、最も旨みを感じられるであろう部分を一番上に刺すといいます。そして、焼き方。強火で8割がた火を通したら、あとは余熱で全体に火を通し、仕上げに強火で炙ります。そのため、中はふっくらと、外はカリっとしているのです。定番メニューとはいえ、凡百のそれとは一線を画すのが容易にわかります。
次に、串揚げ。
しつこくなく、それでいてコク深さをもたらすのは、揚げ油のおかげといっていいでしょう。「こめ油」と「ラード」を独自にブレンドしたものが使用されています。素材本来の味を損なわないために、揚げる時間、油から引き上げるタイミング、余熱の入れ方などを徹底管理。まさしくベストを見極めた状態で提供されます。ソースを置いていないのもこだわりのひとつですね。代わりに躍動するのが、自家製ブレンドの塩とレモン。これがまあ優秀(笑)。これまで知り得なかった串揚げの妙味と出会えますよ。

シェフを務めるのは山形県出身の庄司智彦さん。たまたま訪れた居酒屋で、そこの店主が楽しそうに接客し、料理をふるまっている姿を見て、自分もそうなりたいと思い、20歳の時に料理の道へ進んだと聞きました。「美味しかった」の一言が何よりの喜びなんだとか。加えて、居心地の良い空間にも注力しているようです。
これからもこだわりの串焼きと串揚げで、多くの人たちを満足させてくれることでしょう。

ページTOPへ