。

2019.04.18

  • 愛知県

「大須万松寺 五代目橋本」。名古屋・大須の上前津にあるステーキ・ひつまぶしを堪能!

タン

地元客に愛される大須・上前津の「大須万松寺 五代目橋本」

鰻のひつまぶしやきしめん、天むす、小倉トーストのように、名古屋には県民性を象徴するユニークなグルメがそろっています。そんな街の中心地・大須エリアに、根っからのナゴヤ人である店主が営むステーキのお店「大須万松寺 五代目橋本」があります。名古屋市営地下鉄名城線、鶴舞線の上前津駅の8番出口から徒歩4分。

もともとは麺屋食堂だった創業明治10年の老舗で、大正14年に大須の地に移転し、天ぷら屋を始めます。それから平成12年に商店街の入り口に新たにステーキハウスとして装いを改めますが、その17年後、火事で店舗を失う災難に見舞われます。多くのファンに後押しされ、同年12月に早くも現在の場所に復活。長い歴史の中でさまざまな苦難にも負けず、今も続く人気店へと導いたのは、店主にも脈々と流れている料理人としてのDNAゆえのものでしょう。食を通じて、多くの人を幸せにしたい、という想いが、料理だけでなく、店内の至るところに表れています。

例えば、明るい光に満ちた1階のカウンター席は、目の前が調理場。ライブ感まで楽しめる娯楽性に富んだ空間になっています。2階はしっとりした洗練されたスタイルのテーブル席が並び、デートや特別な夜を過ごすにはぴったり。美味しいものは上質な雰囲気の中でこそより魅力的になる―そんなメッセージが込められているかのようです。

使用される牛肉はすべて、「松阪牛の里オーシャンファーム」のA4・A5ランクのもの、という点にも、本物しか使わない、という店主の信念が垣間見えます。その極上品を代々受け継いできたタレで味つけしたランチの「極上ひつまぶし」は、名物料理の一つ。「松阪牛の赤身ステーキ」はストレートに肉本来の濃厚さを味わえる限定5食の人気メニューです。全8品のディナーコースは、メインのステーキをはじめ、銘酒「十四代」や「而今」などの地酒とともに、いつもの日常を輝かせてくれる魅力にあふれています。

地元を愛し、常連客からも愛される店主がいるからこそ、「大須万松寺 五代目橋本」は、新しい元号に変わっても、変わることなくにぎわい続けるでしょう。

店名 大須万松寺 五代目橋本

ご予約・お問い合わせ 052-228-7872
住所 〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-20-26
アクセス 名古屋市営地下鉄名城線・鶴舞線「上前津駅」8番出口より徒歩4分
営業時間
<LUNCH>11:30~15:00
<DINNER>18:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 不定休

ページTOPへ